苗から育てる

観葉植物の種類

観葉植物を苗から育ててみよう

観葉植物は、園芸店などではよく素焼きやプラスチックの鉢植えに入って成長した状態のものが販売されていますが、苗から買って育てることもできます。
ホームセンターなどでは、比較的安価な値段の苗が売っていますので鉢植えを購入するよりお得です。
購入する際には、葉の色つやがよく形が良いものを選びましょう。
薄いビニールやプラスチックのポリポットに入っている場合は、購入後に苗より一回り大きな鉢に植え替えます。
土が足りない場合には園芸用の培養土、できれば「観葉植物用の土」とされているものを使用した方が無難です。
観葉植物にはさまざまな種類のものがありますが、基本的に室内のみで育てる場合には「耐陰性(日陰でも育つ)」のある植物を選んだ方が良いでしょう。
耐陰性のある植物でポピュラーなものとしては、オリヅルランやポトス、テーブルヤシやガジュマル、モンステラ、ドラセナなどがあります。
玄関などの暗い場所には、アスプレニウムやペペロミア、スパティフィラムなどの強い耐陰性のある植物が最適です。
肥料や水遣りの頻度などは、植物によって生育条件が違いますので品種にあった施肥や水遣りをしてください。

観葉植物の苗の購入方法について

庭が無くとも観葉植物なら小さな鉢でも育てることが出来るので、庭が無いマンションやアパート住まいでもベランダや室内でガーデニングを楽しむことが可能です。
種を蒔いて育てる方法もありますが、中には発芽させることが難しい種類もあるので、苗を購入して育てる方法がおすすめと言えます。
観葉植物の苗の購入方法として一般的なのはフラワーショップやホームセンターのガーデニングコーナーなどで購入する方法で、実際に目で見て選ぶことが出来ますし、育て方でわからない点があればスタッフに聞くことが出来るので安心です。
また、インターネット通販を利用して購入する方法もあり、自宅にいながら時間を気にせずに選ぶことが出来るというメリットがあります。
ただし実物を見て購入することが出来ないので、購入者の口コミなどを参考にした上で評判の良いサイトを選ぶようにするのがおすすめです。
観葉植物の販売の実績が豊富でしっかりした梱包で苗を発送してくれる業者を選ぶようにすると良いでしょう。

pickup

給湯器 交換

Last update:2019/3/14