室内での観葉植物の手入れ

観葉植物の種類

室内に置く観葉植物の失敗しない選び方

室内にいきいきとした観葉植物があると、毎日の生活において、癒されると言う効果があります。
しかし、様々な種類があったり、育て方がわからないなど、初心者は、どんな植物を選べば良いのか悩む人も少なくありません。
購入後に置き場所に困ったり、枯らしてしまうことが無いように、予め、日当たりやサイズを想定しておくことが大切です。
まず、観葉植物にとって、光は必要不可欠です。
日照不足になると、次第に元気がなくなり、枯れてしまうこともあります。
そのため、日当たりの良い、明るい場所で育てます。
次に、置き場所の寸法を測っておくことも大切です。
室内の家具や天井に当たってしまったり、日常生活において、邪魔になってしまうのでは台無しです。
また、上方や横方向へ伸びるため、周囲に、ある程度余裕を持った置き場所選びが必要です。
つまり、室内で観葉植物を育てるためには、明るさと適度な水やり、最適な置き場所の確保が大切となります。

観葉植物を室内で育てたい

観葉植物が部屋の中にあるだけで、心和むものです。
観葉植物でも花をつけるものと葉っぱだけのものがあります。
サボテンも観葉植物のひとつです。
多肉科が人気で寄せ植えしたものなどが売られています。
自分で寄せ植えも楽しいですが、小さいうちは完成品を購入したほうがいいでしょう。
水はけがいい土を使っています。
鉢が塩化ビニールなら、土が呼吸しやすい鉢に変えた方がいいですね。
そこまでして売っているものを購入するのが尚更ベスト。
ただし、ペットを飼っているおうちでは、植物を食べたがるのでペットの届かないところに必ず、配置しましょう。
猫の場合は、高いところまでものぼって関心をもって食べてしまうこともあるので、吊るしてしまうのがいいでしょう。
棚にフックをつけて吊るすのです。
重いものは無理ですが、猫も手が出せないでしょう。
そうして、室内に植物を置く場合は、日光不足になりやすいので、日中2,3時間でもベランダや外に出すとか、窓際においてあげて日光があたるようにしてあげましょう。
北向きのお部屋なら育てるのは困難です。
エアープランツなどを置いてみては如何?これも十分に水を与えるのです。
7日に一度程で構いません。

recommend

塾を多治見市の周辺で見つける

Last update:2018/8/29